株式会社ロベルタ・トップページへ

サイトマップ
ロベルタカップ
 トップページ >>  ロベルタカップ
ロベルタカップ
OEM供給
販売促進協力店
取り付け実績店

ロベルタカップ

簡易版ロベルタカップと、ロベルタリフターシステムの違い

FERRARIやPORSCHEで愛用されていたロベルタリフターシステムを、国産車でも利用できるように制作したのがロベルタカップです。ロベルタリフターシステムはFERRARI、PORSCHE、MASERATI、Aston Martin、Mercedes、BMWなどの外車に主に使用されています。使用部品は飛行機や戦闘機に使われるジェラルミンを採用。最高級の耐久性を誇っています。簡易版ロベルタカップ(要:車高調)はロベルタリフターシステム(純正ビルトインタイプ)から部品構成数、素材を変更する事により、安価での提供を可能にしました。

<国産車用ロベルタカップを安全にご使用いただくために>

国産車用ロベルタカップをご使用の際、危険回避後はすみやかに通常車高にお戻しください
国産車用ロベルタカップシリーズは、スーパースポーツカー専用「ロベルタリフターシステム」の基本設計を譲り受けたコイルオーバー式サスペンション取り付けタイプのリフターです。従来型の一般的なエアサス方式とは異なり、走行性能と利便性の両立を果たした最適なシステムとなっております。
一方、ロベルタリフターシステムとは駆動構造や使用部材が異なるため、車高を上げたままでの長時間走行には対応していません。危険回避後は速やかリフトアップを解除し、通常車高にお戻しください。リフトアップしたまま走行し続けることは、カップ内への過剰なエア圧発生の要因となります。カップ内に一定以上のエア圧が発生した場合、カップ本体システム破損を防ぐためのヒューズ代わりとして、機械式UP-DOWNスイッチ内のバルブが抜けます。機械式UP-DOWNスイッチは交換パーツのご用意がございますので、万が一誤ったご使用で機械式スイッチのバルブが抜けてしまった場合はお問い合わせください。

コンプレッサーは放熱のできるスペースにお取り付けください
国産車用ロベルタカップを正しくお使いいただくために、コンプレッサーは放熱のできるスペースにお取り付けください。コンプレッサー本体を密閉箇所へ設置するなど放熱を妨げると、コンプレッサー本体の劣化を早めます。コンプレッサーに熱がこもらないよう設置に十分ご留意いただき、ロベルタカップを正しくお使いください。

機械式UP-DOWNスイッチは非分解です
機械式UP-DOWNスイッチは非分解パーツです。交換の際は必ず弊社までお問い合わせください。なお、エアホースを短くカットしてシステムを使用した場合などについても、弊社が定める正規の性能を発揮できなくなるため機械式スイッチの交換が必要です。

正しい取り付け状態をご確認ください
ロベルタカップ装着車で、リフトアップを作動させていないにも関わらず10分から15分程度の間隔でコンプレッサーが駆動し続ける場合は、エア漏れが発生しています。これは、ロベルタカップが正しく取り付けられていないために発生する症状です。このような症状がある場合には、取り扱い説明書を参照のもとでロベルタカップが車体へ正しく取り付けられているかどうかを早急にご確認ください。
この状態のままロベルタカップの使用を続けますと、当然ながらコンプレッサーへの負担が大きくなるためコンプレッサー焼き切れなど故障の原因となります。必ず正しい取り付けを行なってください。
- ロベルタリフターシステム ロベルタカップ
イメージ ロベルタリフターシステム ロベルタカップ
対応車種 主に外車 (対応車種一覧はこちら 主に国産車
使用素材 7475-T73(戦闘機に使用される特殊ジュラルミン)、7500系、およびチタン合金、SU304など A2017(自動車部品として使用されるジュラルミン)、およびSU304など
車高調整方法 電磁式(リモコン) 機械式
特徴 最高級素材を使用し高級車のために作られたリフターシステム。素材も高級なため、金額も高価。 必要最低限のパーツ構成となっているため、ロベルタリフターシステムと比較して、比較的安価で販売。

価格・製品概要

ロベルタカップは、コンプレッサーをお客様に自由にお選びいただけるよう、新たにコンプレッサーレスキットとなりました。その分価格もお買い求め易く生まれ変わりました。
ロベルタカップご購入に合わせ、お好みのコンプレッサーを別途ご用意ください。なおロベルタカップ コンプレッサーレスキットには、当社販売のコンプレッサー(VIAIR 380)を組み合わせることも可能です。

(注)ロベルタカップは「純正サスペンション」「純正タイプ社外サスペンション(ダウンサス含む)」にそのまま取り付けることはできません。取り付けに際しては社外車高調キット、もしくは専用サスペンションが必要となります。
なお社外の車高調キットにおいてもピロアッパーマウント、直巻きスプリングタイプが必要となります。社外品ピロアッパーマウントの取り扱いが無い場合は、当社でピロアッパーを製作することが可能です(製作費用別途)。ページ下段の事項や車種リストをご確認のうえ、詳しくはお問い合わせください。

* ピロアッパーマウントがない場合、フロント・リアともに制作費用として別途¥28,080かかります。
(通常ラインナップにないピロアッパーマウント制作は上記価格より+¥4,120になります)
* オーバーホール料金は1個あたり¥8,000から(税別。お客様の製品ご使用状況によりオーバーホール料金・納期等は異なります)。必要個数分の費用がかかります。
* 詳細につきましてはお近くの各正規ディーラ、または当社までお問合せ下さい。
このページのトップへ
Stop the Copy 株式会社ロベルタの商品は、商標登録及び意匠登録ならびに不正競争防止法2条1項1号により保護されております。類似商品やコピー商品にはご注意ください。