株式会社ロベルタ・トップページへ

サイトマップ
仕組み
 トップページ >>  ロベルタリフターシステム >>  ロベルタリフターシステムとは? >>  仕組み
ロベルタリフターシステム
ロベルタリフターシステムとは?
特徴
仕組み
価格
正規ディーラー

ロベルタリフターシステム

仕組み

サスペンションのアッパーマウント部に車高を上下させる"カップ"と呼ばれるユニットを装着します。リモコンのスイッチをONにすると、 空気を圧縮するコンプレッサーや電磁弁などを収めた"ボックス"から圧縮空気を供給し、カップが最大90mmほど持ち上がる仕組みです。

簡単に言ってしまえば“空気の力”で車高を上げていますが、一般的な"エアサスペンション"とは異なります。

ロベルタリフターシステムはスイッチを入れなければカップ部はリジッド状態で、緊急時のみ空気の力で車高を上げるため、サスペンション本来の性能を損なうことがありません。

リフター・システムKIT
リフター・システムKIT
ロベルタリフターシステムのKIT内容は、リフターユニット本体と配管/配線類にリモコンスイッチと,システムの中枢となるBOXにはアルミを素材にブラック・アルマイトを施し、中には、エアタンク/コンプレッサー/電磁or機械式(前のみ)バルブ/ホース&配線類がコンパクトかつオシャレに収まる.これらにより車体に加工を施すことなく、簡単にシステムの装着及び設置を可能としています。
機械式 アルミ製タンク リフターユニット装着(FERRARI F430&360) 大容量コンプレッサー 電磁式
メカニカル
(機械式)
アルミ製タンク リフターユニット装着(FERRARI F430&360) 大容量コンプレッサー エレクトリック
(電磁式)
フロントのみのリフター・システム装着には、シンプルかつ高機能な機械式がアッセンブリーされます。 BOX同様、ブラックアルマイトを施したアルミ製エアタンクはスマートなルックスに仕上げられ、なおかつ必要十分なエアを蓄えます。 FERRARI 360とF430にはリフターユニットが収まるスペースが元々から有り、ボディー加工を施すことなく取り付けできます。 エンジンスタートと共に作動し、タンクへエアを充填するコンプレッサーは大容量タイプ。熱による作動劣化を防ぐファンを装備する高性能パーツです。 リフターユニットへ正確かつスピーディーにエアを送り込む電磁式。万一コンプレッサー誤作動時にも自動停止する安全装置付き。
このページのトップへ
Stop the Copy 株式会社ロベルタの商品は、商標登録及び意匠登録ならびに不正競争防止法2条1項1号により保護されております。類似商品やコピー商品にはご注意ください。